電験3種に必要な数学、本当はどこまで??

電験3種に必要な数学、本当はどこまで??

電験3種に必要な数学というと、中学数学に、三角関数、ベクトル、複素数、対数・・・・等々と、いろいろ言われてるんですけど、

 

ぶっちゃけ、そこまで多くはありません。

 

三角関数は必要ですけど、高校生が「数学として習う」三角関数はいろんな公式を覚えたりするわけなんですけど、電験3種で実際に「使う」のは、そのごく一部だったりします。

 

なので、三角関数が必要だから、教科書買って三角関数とりあえず全部勉強します、っていうのはオーバースペックになりがち。わりと効率悪いです。

 

もちろん、ベクトルとか複素数とかも同じく。

 

 

なので、「電験3種に必要な数学、最低限って本当はどこまでなの?」っていうのを、僕の受験歴と、5年以上にわたる受験サポート歴から動画で解説しているんで参考にしてください。

 

 

↓こちら

 

 

 

NEXT => 「電気とはそもそも何か?」から