電験3種 難易度

電験3種 難易度

電験3種は、このサイトのトップページにも記載している通り、大学の電気工学部の学生でも普通に落ちる難易度の資格です。

 

もっと具体的に言うならば、合格率10%以下の難関資格です。

 

ほぼ全ての年で、合格率は10%程度、時には5%台のときもちらほら。

 

しかも、この資格は科目合格制度があるので、例えば、昨年までに科目合格をしていて今年の受験で合格!という人もかなり多いです。

 

ですので、(データは無いですが)一発合格での合格率となると更に低くなってきます。
(多分、3%くらいになってくるのでは?)

 

 

僕自身、電気以外にも法律系やビジネス系などのいろいろな分野の資格に挑戦してきましたが、その中でも電験はトップクラスで難しかったなぁと、肌で感じました。

 

法律系の資格に行政書士という資格があります。

 

この資格、電験3種と同じく誰でも受験できる資格で、毎年の受験者数や合格率は、電験3種とほぼ同じです。

 

電気資格の登竜門が電験3種。法律資格の登竜門が行政書士。といった感じです。

 

 

この二つの資格をどちらも受験した僕の感想なのですが、

 

「電験3種のほうが辛かった・・・」

 

 

どちらが難しかったかのかということは、全く違う分野の資格なので一概には言えないのですが、これだけははっきり言えます。

 

「電験3種のほうが辛かった・・・」

 

 

僕は、高校の電気科に通っていたので、ある程度電気については興味も持っていたし、勉強することに楽しさを感じていたつもりです。

 

それでも電験は辛かった。。。

 

 

行政書士も辛くなかったわけではないですが、完全に孤独の独学でもあまり苦痛を感じることなく合格できた事を考えると、仲間に恵まれ、先生に恵まれ、環境に恵まれた中でも苦痛だった電験はそれを遥かにしのぎます。

 

「資格試験には二度と挑戦したくない・・・」

 

それが、電験3種の試験が終わった直後の僕の率直な感想です。

 

 

ですので、もし独学で電験3種の合格を目指すのなら、それなりの作戦が必要になります。

 

 

 

↓独学で電験3種の合格を目指す方は必ずご覧ください。
「注意!独学の落とし穴」

このサイトはみなさまからのご協力で運営されています。
このサイトに対する改善要望や質問などをこちらの専用フォームにご記入ください。
あなたの貴重な声を、資格とっ太郎こころよりお待ちしております。

みなさまの声をいただき、どんどん更新していきますので、お気に入りにでも登録していただければ幸いです。