テキストは全部読まなくてもいい!?

テキストは全部読まなくてもいい!?

資格試験は学校の学力試験とは決定的に違う点が一つあります。

 

 

それは・・・

 

 

「100点を取ってもなにも良い事はない」ということです。

 

 

普通、資格試験には合格ラインがあります。

 

電験三種だと、100点満点中おおよそ60点以上が合格ラインなのですが、資格によってそれぞれ合格ラインは必ずあります。

 

つまり電験三種の場合、60点をとるのも、100点をとるのも、合格には変わりないのです。

 

ここが、学校の学力試験とは大きく違うポイントです。

 

 

学力試験はより高い点数を求められます。
(60点より100点の方が評価されます)

 

資格試験は一定ラインを越えればそれで全く問題ないのです。
(ギリギリ合格も満点も同じ評価)

 

満点を取った人には、資格の有効期限が延長されることも、ハンバーガーの無料クーポンがもらえる事も、残念ながらありません。

 

実際僕も電験三種の資格を取得した時は、ラプラス変換が必要な計算問題や、苦手な電子関係の単元はバッサリ切り捨てました。

 

その他、数々の単元もバッサリ切り捨てました。

 

それでも、もちろん100点は取れませんでしたが、合格ラインは超えられたのです。

 

 

もし僕が、無理にラプラス変換を覚えようとしたり、苦手な電子を理解するために時間を費やしていたら、頭の悪かった僕は合格できなかったでしょう。

 

もし僕が“ラプラス変換”という未知の知識へ圧倒されて「電験三種は難しい」とビビってしまっていたら、試験を受けることすらなく、挫折していたでしょう。

 

「ラプラス?なにそれ?ポ○モンのこと?」という無邪気な僕には、そんな難しいものは理解できるはずもなかったのです。

 

 

資格試験を最短で合格するには切り捨てる勇気が必要です。

 

 

だからテキストを全て読む必要はないのです。

 

簡単なところ、理解できそうなところから点数を“積み上げて”いけばそれで全く問題ありません。

 

テキストを最初のページから読み進めて、到底理解できそうもないところは飛ばすか、ながし読みして「うん、やっぱり理解できない」ぐらいで諦めて、次へ進みましょう。

 

第一に優先させるべきなのは、“理解できるところを理解すること”です。

 

理解に苦しむところは、後回し。

 

そして、取りあえずテキストを一通り読み終わらせてみて、達成感を味わうことも脳にはいい刺激になります。

 

 

そうやって、一通り読み終わった時、あなたはその資格の全体像がイメージできるようになります。

 

全体がイメージできれば、あなたはその資格に特別な抵抗感もなくなり、そして、途中で挫折することもなくなるでしょう。

 

まずは、理解できるできないで、四苦八苦するよりも、資格の全体像をつかみとることが大事です。

 

たとえ理解できるところがあまりにも少なかったとしても、“積み上げて”いけばいいのですから。

 

 

最初にテキストを一通り読んで、全体の30%を理解したとしましょう。

 

そしたら次は、ちょっと難しそうだけどもう少しで理解できそうな50%、次はもう少しレベルを上げて70%、余裕ができたら80%と、少しずつ“積み上げて”いけばそれでいいのです。

 

 

というわけで、大事なのは・・・

 

その1:100点を取っても良い事はない。
その2:難しいところは、“勇気を持って”切り捨てる。
その3:簡単なところから“積み上げる”

 

です。

 

 

NEXT => 「交流を超簡単に考える方法」

 

 

合格体験記はこちら

このサイトはみなさまからのご協力で運営されています。
このサイトに対する改善要望や質問などをこちらの専用フォームにご記入ください。
あなたの貴重な声を、資格とっ太郎こころよりお待ちしております。

みなさまの声をいただき、どんどん更新していきますので、お気に入りにでも登録していただければ幸いです。